木の家づくりネットワーク|施工事例

恵比寿の木の家=東京都

シンプルモダンな天竜材の木の家

都市に建つ立地や、建主さんの嗜好に合わせ、優しい木目とシンプルな構成を心がけたモダンテイストな木の家です。
間取は、LDKと個室だけでなく、楽器の演奏を気兼ねなく楽しめる防音仕様の音楽室を造るなど、建主さんらしいライフスタイルを満喫できる空間が魅力です。
もちろん、安心して長く住まえるよう、耐久性や耐震性、バリアフリーも追求し、細かな配慮を行いました。

仕様

工法・階数
木造軸組工法/
2階建て
面   積
1階68.58m2、2階67.14m2 延床面積135.72m2、敷地面積116.11m2
外 部 仕 様
鉱物顔料漆喰モルタル外壁
ガルバニウム鋼板屋根
内 部 仕 様
(床)ナラ、クリ、セン、杉
(壁)漆喰、ロール和紙
(天井)漆喰、ロール和紙、杉縁甲板
所 在 地
東京都目黒区

PIONT ココに注目

  • 仏壇やエアコンが綺麗に納まる優しい木目の壁面収納
  • TV鑑賞の際に目への負担が少ないLED間接照明
  • 楽器の演奏を気兼ねなく楽しめるガラス張りの防音室
  • 来客の際に便利なリビングとダイニングの可動間仕切り
  • 樹齢80年以上の天竜の杉・桧を使用
  • 震度7 にも耐えられる構造安全証明
  • 防腐効果の高い青森ヒバの土台
  • ホウ酸系防腐防蟻処理による高耐久・健康住宅

玄関は、帰ってきた家族や来客を迎える大切な空間です。そこに何かお気に入りの飾物があるだけで、家族が帰ってきたと実感できたり、訪ねてきたお客さんと話の種になることがあるのです。なので、建主さんらしい絵画や置物を飾ることができる白い壁面とカウンターを設けています。
天井には、絵画を吊るすことができるピクチャーレールを設けることで、壁に画鋲などの跡が残らないよう工夫しています。
また、光の方向を変えることができる照明を選定しているので、絵画や置物に合わせて光を当て、引立てることができます。

リビングは、正面に壁面収納を配置した構成です。収納効率を最大化できるよう設計しているので、物が部屋に溢れない、スッキリとした生活を送ることができます。
収納扉の木には優しい木目が特長のブナを使用しました。
中央はTVスペースで、上部のハイサイドライトからは自然光がそそぎます。

夜のリビングは、間接照明を使用すると少し印象が変わります。間接照明は、夜間のTV鑑賞の際に、目への負担が軽減され、リラックス効果も期待できます。また、壁面の明かりは、空間に広がりを感じさせる効果もあります。
照明とスイッチは、光量を調整できる器具を選定しているので、気分に合わせて様々な明るさに変化させることができます。

ダイニングは、リビングと一続きとし、奥行感を出しています。
正面のガラス張りの部屋は、防音室仕様の音楽室です。広い部屋ではないため、開放感を感じされるよう、ガラス張りにしています。防音性能を高めるため、二重サッシにし、共鳴しないよう、ガラスの厚みを変える工夫をしています。

キッチンは、セミオープンキッチンとしています。コンロの正面はお手入れのしやすいキッチンパネルとし、シンクの正面には水はねを防ぐ立上りを設けています。カウンターは、傷の付きにくい人造大理石です。
収納の量は十分確保できているという建主さんの要望から、明かり取りのための水平の窓を多用する設計になりました。

リビングとダイニングは、分割できるように、可動間仕切りを設けています。来客があった際など、臨機応変に空間を分けることができるため、便利です。
空間を分けない際は、可動間仕切りを壁の中にすべて収納できるので、空間を広々と使うことができます。

2階の寝室は畳敷きの和室です。新しい畳の部屋で寝るのは気持ち良さそうですね。畳には湿気を吸収してくれる機能があります。畳表には安心安全に配慮して、熊本産無農薬栽培のイグサを使用しました。
戸の先に見える部屋は、ウォークインクローゼットです。2坪分の容量があるので、収納量は抜群です。

個室は、テレビ収納を造り付けました。建主さんが収納したいものを想定し、作成したスケッチ図をもとに、大工が手仕事で箱を組んで完成させたものです。
TV収納の上に水平に通っている木材には、フックが付いており、服や小物を掛けることができるようになっています。
個室も自由に造れるのは、注文住宅ならではの楽しみですね。

室内に洗濯物の部屋干しスペースを設けています。梅雨など雨の多い時期や、外から見られたくない物を干す時には、便利です。 何気ない廊下のスペースですが、物干しポールを吊るすことで、部屋干しスペースに有効活用できます。

バルコニーは、テラススペースもある比較的ゆったりとした空間に造りました。布団など、比較的大きな物を並べて干すこともできます。また、観葉植物や椅子などを置いて、外の風に当たりながら、リラックスできる空間にすることもできそうですね。
道路に面して、木製の格子を取り付けました。格子があることで洗濯物が通りから直接見えることがなく、生活感が表に出にくいという効果があります。

Copyright(c) 2002 KINO IE ZUKURI NETWORK All Rights Reserved.

新・あぜくらの家詳細ページを見る