「住む人を優しく包む」
家の内装仕上げは人間の第三の皮膚と言われます。
素肌や衣服の外側にすぐにあるもので、室内空気を介して接しているものとも考えられます。
省エネにより家の気密性が高くなると、室内の空気環境が有害物質に汚染されないように本物の自然素材を使う必要があります。
外部においても、耐久性の高い、風合いの良い自然素材の仕上げとすることで、町並みを潤いのあるものにすることが出来ます。
近年、左官職人による内外装が見直されています。
伝統的な漆喰やセメントモルタルを現場で水を加えて調合し、鏝(コテ)を使って外壁や内部の壁に塗って下地や仕上げにします。
近年は新しい左官材料、工法が開発され、たくさんの種類の製品が作られています。
しかし、自然材料が少ない物や接着剤が多く含まれている物などもあり、左官材の本来の機能を持っていない製品も見受けられます。
漆喰モルタルの外観
<漆喰>
漆喰は日本で多く産出される石灰石を原料にしており、伝統的な木造建築によく使われてきました。
接着剤を含まず、昔からの製法で作られた調湿機能を損なわない漆喰を使います。
本来の白色に、自然系顔料を混入させて、柔らかな色合いも演出できます。
また、漆喰に土やモルタルを混入させた漆喰系左官材もあり、外壁などに使いやすい製品も開発されており、表情豊かな町並みづくりに役立ちます。
珪藻土のインテリア
<珪藻土>
珪藻土建材は近年脚光を浴びた新しい左官材で、北海道や能登などの山地から産出される日本固有の左官材です。植物プランクトンの珪藻が堆積して骨格のみが固まったもので、精製して左官材として固まるように処理をしたものです。
様々なメーカー品がありますが、その中でも調湿機能の高い珪藻土が多く含まれ、接着剤を含まない製品を使います。カラーバリエーションが漆喰に比べ多く、表面の仕上げパターンによって部屋毎に変化を楽しむこともできます。
  • 左官土間
  • 左官土間
<左官土間>
玄関、アプローチなどに左官仕上げを行うと、庭の土や舗装と親しみやすいナチュラルな表情になります。石や陶板、タイルとの組み合わせなどオリジナルイメージを演出できます。
和紙壁紙
石油系原料に依存しない壁紙として、機械漉きでありながら日本の伝統的手漉き和紙の風合いを活かしたロール和紙をお薦めしています。
ロール和紙は木材パルプや和紙の原料である楮(こうぞ)、三椏(みつまた)、雁皮(がんぴ)のほか、畳表に使うイ草、ケナフなどの自然素材を使いコストダウンを可能にしました。
様々な和紙の表情が楽しめると共に、調湿性もあり、メンテナンスも容易です。
また、伝統的な手すき和紙も日本の地域産業として育成されており、それらの手造り素材を表具師が伝統的袋貼りなどの技法で仕上げることで、さらに繊細で優しいインテリアを実現することができます。

ロール和紙

自然塗料
室内、外部の木部に施される自然塗料による塗装は、水、紫外線、汚れ、傷などから木部を守ると共に、木目や色を浮き立たせて引き締まった表情を作り出します。
石油系原料による塗料は汚れが拭き取りやすくお手入れがしやすい反面、自然素材が持つ調湿性能を押さえてしまい、木の家の快適さが発揮できません。
日本の伝統的木材保護材であり、日本の木になじみやすく使いやすい米糠塗料や亜麻の実の油と蜜蝋などを調合した、水に強い自然塗料などを使います。
屋根材
阪神淡路大震災後の直後に瓦屋根は地震に弱いという風評が広がりましたが、葺き土を最小限にしてステンレス釘で固定した瓦屋根は、構造計算による設計と確実な施工によって安全性が確認できます。
粘土を成型して焼成し、炭素で燻して磨き上げたいぶし銀黒瓦はメンテナンスフリーです。
また、銅板やアルミメッキを施して塗装したガルバ二ウム鋼鈑などの板金材は、屋根や樋、雨除けに安心して使えます。

自然と共に住む

  • 本物の木の家
  • いざという時に心強く
  • 長持ちの工夫
  • 無垢の木の適材適所
  • 住む人を優しく包む
  • 自然と共に住む

ページ上部へ戻る

Copyright(c) 2002 KINO IE ZUKURI NETWORK All Rights Reserved.