「自然と共に住む」
古来より日本人は自然との結びつきを大切にして、季節との対話の中から繊細な感覚、情緒、固有の文化を育んできました。
農家の土間、町家の坪庭、武家や豪商屋敷の自然を模した庭園、座敷の縁側などに見られるように、伝統的な木の家は自然環境を巧みに室内空間に取り込んできました。
二酸化炭素による地球温暖化や有害物質の排出が自然そのものを傷つけている現在、いかに環境に負荷をかけない家づくりをするかが問われています。
木材は成長期に二酸化炭素を吸収し、製材時に二酸化炭素の排出が少ない建築素材で、木の家はエコな暮らしの基本です。
伝統的な木の家の夏を涼しく暮らす知恵と、断熱、気密、冷暖房、設備の省エネ、自然エネルギーの利用などの新しい技術を組み合わせた、新たな木の家と自然との関係づくりを提案します。
イラスト:家型断熱気密工法のイラスト
家型断熱気密工法
夏の暑さや冬の寒さをなるべく和らげて自然と共生していくためには、木の家の断熱性、気密性を高める必要があります。
そのために床から壁、屋根まで、リサイクル系や自然素材系の断熱材ですっぽりと包み込みます。
窓ガラスは断熱性の高いペアガラスなどにして、冬場の熱損失と夏場の熱侵入を防ぎます。
また、冬場の室内から外部への暖かい空気の漏れを少なくするために、床、壁、屋根の室内側の下地材に気密性の高い材料を使用し、コンセント、スイッチなども気密化を図ります。
こうした、内部空間を包む一番外側の床、壁、屋根の断熱性と気密性を高めることにより、屋根裏を収納や隠れ家スペース、吹き抜けにするなど、内部空間を快適に、最大限自由に利用できます。
ソフトな自然エネルギーの利用
〜風と語り陽光を楽しむ〜
  • 間取りイラスト
  • 通風断面図

南側にはなるべく大きめの窓を設けて冬の日向ぼっこの快適さを取り込み、夏の日差しを遮る庇を設け、縁側に簾と風鈴を吊るして、水を打ち涼風を呼び込む。そんな日本の木の家の暮らしの知恵を現代の木の家にも出来るだけ組み込みます。

南側のペアガラスの大きめの窓による陽だまりづくりと、庇と小窓、欄間による風の道づくりは木の家の基本仕様です。
また、茅葺き農家の煙出しや明治期の養蚕農家の換気装置として作られた越(こし)屋根は、木の家全体の自然換気、通風、採光装置としての新たな換気屋根として提案しています。
また、庭木への散水などに雨水を使う、雨水貯留も無理なく出来るソフトエネルギーです。

自然エネルギーを最大限利用するためにご提案している、新たな換気屋根「越(こし)屋根」。
自然エネルギーを最大限利用するためにご提案している、
新たな換気屋根「越(こし)屋根」。

ハードな自然エネルギーの利用

都市化した住環境の中では、ソフトな自然エネルギーの利用のみで自然と共生した暮らしを実現することには限界があります。
敷地形状、大きさ、方位や住宅密度など個別の環境条件によって自然エネルギー利用の可能性は変わり、現実的に冷暖房、給湯、照明などの設備は必要となります。
それらの設備のエネルギー利用効率を高める技術や、自然エネルギーから電気などを作り出す設備を、トータルコストの検討を踏まえて提案します。


  • ▲ガスエンジンや燃料電池による発電

  • ▲太陽光発電パネル(左)と
     太陽熱温水器とヒートポンプ(右)など
  • 本物の木の家
  • いざという時に心強く
  • 長持ちの工夫
  • 無垢の木の適材適所
  • 住む人を優しく包む
  • 自然と共に住む

ページ上部へ戻る

Copyright(c) 2002 KINO IE ZUKURI NETWORK All Rights Reserved.

新・あぜくらの家詳細ページを見る