木の家づくりネットワーク

  • トップ(木の家づくりネットワークとは)
  • 設計監理の考え方
  • 木の家の標準仕様
  • 建築費用
  • 家づくりの流れ
  • 家づくりサポート
建築費用
木の家の建築費用は高いと言われますが、設計の初期段階から予算と仕様、設計、デザインの調整を行うことで、長持ちする木の家が適正な価格で実現します。
工事費の目安
木の家づくりネットワークの工事費の目安として本体工事費の概算の比率は以下のケースが標準です。
また、設計の内容によって工事費は変わりますので総事業費の全体の枠の中で、ご希望の木の家が実現でできるように計画します。
木の家の総事業費
木の家づくりネットワークの木の家の本体工事費の標準的な単価は、50万〜60万円を基本としています。
工事費は詳細な設計図書に基づいて細部にわたって積算され、工事費は流通マージンを省いた原価公開によって適正に見積りされます。
注)木の家の総事業費(円グラフ)の比率は概算の比率を示していますので、
その範囲内を保証するものではありません。
事業予算の把握
  • ・ポイント1
    自己資金としてどれだけ充当できるかを算定
  • ・ポイント2
    住宅ローンとしてどれだけの融資が受けられるかを銀行ローン商品の中から吟味して検討します。=借入限度額の算定
  • ・ポイント3
    自己資金+借入限度額=総事業を把握
総事業費の内訳
  • 木の家をつくるために必要な費用を整理します。
  • 1.建築工事費
    建築工事費は本体工事費と附帯工事費、追加工事費の合計になります。
    1)本体工事費
    木の家の基本的な部分の工事費です。地盤調査を含みます。
    2)附帯工事費
    敷地条件や個別的条件によって内容が変動する工事や特別な設備工事費などです。

    ・地盤補強、基礎補強工事
    ・屋外給排水配管工事
    ・ガス配管工事
    ・冷暖房工事(エアコン、床暖房工事など)
    ・外構工事(フェンス、造園、擁壁、カーポートなど)
    ・ブラインド、カーテン工事
    ・照明器具、TV、BSアンテナ、受電ポール工事
    ・解体工事、浄化槽工事など

    3)追加工事費
    1)、2)以外で設計の段階や施工段階において、ご要望により組み込まれる工事費です。

    ・造り付け収納家具(玄関、台所、居間、個室、水廻りなど)
    ・エコキュート、燃料電池、太陽光発電、雨水タンクなど特別設備工事
    ・地下室、ロフトなどの特別な建築工事
    ・その他ご要望による工事など

  • 2.設計監理費≪建築工事費の約11%≫
    敷地調査、基本設計から実施設計、構造計算、
    工事監理検査にわたる一連の設計、監理業務、
    確認申請など申請業務費は別途になります。
    3階建て、地下室、2世帯住宅などの内容によって費用は変動します。
  • 3.諸費用≪建築工事費の3〜5%前後≫
    1)ローン契約に伴う費用

    ・印紙税 ・融資手数料 ・火災保険料
    ・保証料 ・団体信用生命保険料
    ・抵当権設定登記料
    ・つなぎ融資を必要とする場合の金利
    以上はどの住宅ローンを利用するかによって金額が異なりますので、
    ローンの返済金利や返済方式、銀行の選定の時に共に考慮する必要があります。

    2)登記費用

    ・表示登記、保存登記、滅失登記(解体の場合)を行うにあたっての土地家屋調査士、
    司法書士の報酬、登録免許税、印税、証紙などの費用です。

    3)税金

    ・工事請負契約などの契約書用印紙税
    ・不動産取得税(建物、土地)
    住宅面積が200m2以下の場合控除があります。

    4)引越費用

    ・引越費 ・仮住まい費用 ・倉庫代

    5)その他

    ・地鎮祭 ・上棟式 ・近隣あいさつ
    ・家具、家電製品の購入など
    ・確認申請、長期優良住宅認定などの審査手数料

事業予算の把握
  • ・ステップ1
    諸費用を算定し、敷地状況の確認よる附帯工事をチェックして、総事業費から建築工事費と設計監理費の合計を算定します。
  • ・ステップ2
    建築工事費の中で、敷地条件や設備の基本的仕様の検討により、附帯工事費の目安を確認して、本体工事費のアウトラインを算定します。
  • ・ステップ3
    さらに、追加工事の要望や予想により追加工事費の概算を設定して本体工事のアウトラインから差し引くことで、最終的本体工事費を算定します。

こうしたプロセスの検討は、個別の設計内容の基本となる基本計画によって確認していきますので、お気軽にご相談下さい。

ページ上部へ戻る

Copyright(c) 2002 KINO IE ZUKURI NETWORK All Rights Reserved.