木の家づくりネットワーク

  • トップ(木の家づくりネットワークとは)
  • 設計監理の考え方
  • 木の家の標準仕様
  • 建築費用
  • 家づくりの流れ
  • 家づくりサポート
設計監理の考え方
ゼロからスタートして敷地環境や住まい手の夢、暮らし方、機能、ライフサイクル、予算などの様々な要素を木の空間の中に組み込んだ、世界に一つだけの木の家を設計します。
設計監理はフィールドネット一級建築士事務所の山中文彦が担当します。
構造計算
平屋から3階建まで、すべて構造計算を行います。
地震や災害から住まい手の命を守ることが木の家の第一の使命です。
そのために現行の建築基準法では求められない構想計算をすべての木の家において実施しています。
構造計算書に基づいた「構造安全証明書」を発行しています。

  • 構造計算書
    構造計算書
  • 構造安全証明書
    構造安全証明書
高い住宅性能を確保します
地震に強く、長持ちする、住んで快適な、メンテナンスの容易な木の家をつくるために高い住宅性能を確保します。
住宅性能の基準「構造の安全」、「劣化の転減」、「省エネルギー」、「メンテナンス」、「バリアフリー」
長期優良住宅、エコポイント、フラット35Sに対応しています
この他にも、自然素材による仕上げとすることなどで、化学物質フリーな室内環境や通風、採光に配慮した住環境を設計します。
現場の進行状況に応じたきめ細やかな工事監理
週に一回などの定期的に現場を訪問する監理ではなく、工事の進行状況に応じて重点的かつタイムリーに現場確認を行います。
また、工事を行う職人、技術者と直接打合せを行うことで詳細な工事内容を確認します。
竣工図・工事写真はメンテナンスの重要資料
工事途中での変更や細かな修正内容を設計図面に反映させて製本した竣工図を完成後に引渡します。
こうした資料は、入居後から始まる長いお手入れやメンテナンスのための重要なデータとして利用できます。

  • 設計図書
    設計図書
  • 工事写真・データ
    工事写真・データ

ページ上部へ戻る

Copyright(c) 2002 KINO IE ZUKURI NETWORK All Rights Reserved.