家づくりの仕組み

木の家づくりネットワークは、木の家のエキスパートである三つのフィールドがネットワークし、事務局を中心に、住まい手の方々とのざっくばらんな交流を行い、家づくりやリフォーム、メンテナンスなどのお手伝いをする、ネットワークによる木の家づくりを提案します。
木の家の研究開発、設計監理の実績、経験が豊富な建築家、設計事務所をアーキテクトフィールド、木を育て、吟味し、製材乾燥して送り出す優良な木材産地や建築部品メーカーをプロダクトフィールド、 施工の中心となる大工をはじめ、屋根、左官など20職種にも及ぶ優秀な技能の職人、技術者をビルダーズフィールドと呼びます。

三つのフィールドが同じ想いを胸に、それぞれの役割を認め合い、水平的関係でネットワークし、三位一体の心意気で、住まい手と共に喜びあえる木の家を、心をこめて造ります。

木の家づくりのネットワークの組織図

<アーキテクトフィールド>
住まい手の代理者として、住まい手の立場にたった設計監理を行う建築家・設計事務所です。
特に木の家の設計監理の経験が豊富で、デザインのみならず、木組み、構造計算、設備、メンテナンス、コストなどの広範な知識と技術力が求められます。
<プロダクトフィールド>
木材や瓦、左官材、断熱材、サッシ、建材などの生産者、メーカーなどです。
特に木組みに使う木材の育成を担う林業家や選木、伐採、製材、乾燥を行う森林組合、木製品メーカーなどは重要な役割を担っています。
住まい手が木材産地を訪ね、地域の人々と交流する木材産地探訪などの舞台となる、懐の深いフィールドです。
<ビルダーズフィールド>
設計図書に基づいて、素材の持ち味、特徴を活かし、誠意を持って技を発揮する職人、技術者です。
やはり、木組みを造り、仕上げを行う匠大工が中心となります。
匠大工の仕事に負けずと仕上げや設備工事の職人も腕を振るいます。
<事務局>
三つのフィールドと住まい手の方々との交流のお手伝いを行います。
また、現場見学会、木の家づくりセミナー、木材産地ツアー、メール住宅相談、ホームページの運営などを行います。
木の家づくりの出会いからメンテナンスまでの長いお付き合いを担当します。
<コンストラクションマネージメント事務所>
施工段階において、プロダクトフィールドの材料とビルダーズフィールドの工事を取りまとめ、見積、工事契約、工程調整、発注、経理などの施工管理を行う施工管理事務所です。
住まい手の総務的なパートナーとして裏方に徹します。
  • ネットワークによる木の家
  • トップ(ネットワークによる木の家)
  • 家づくりの仕組み
  • ネットワークの面々
  • アーキテクトフィールド
  • プロダクトフィールド
  • ビルダーズフィールド
  • 産直とオープンプライス
  • CM型施工管理システム
  • 共に考え共につくる

ページ上部へ戻る

Copyright(c) 2002 KINO IE ZUKURI NETWORK All Rights Reserved.