03-3501-2828

(受付時間:月曜〜土曜11:00〜18:00)

お問合せフォーム

「家もまた、家族です」

出来あいの物でも、他人任せの物でもない
自分だけの家づくりを楽しい思い出とともに行いませんか?
土地探しからアフターメンテナンスまでお任せ下さい

設計から施工まで安心の一貫対応

木の家建築実績 20年100棟以上

Top

代表 ご挨拶

私は子供のころ、実家の製材所のある材木店でよく遊んでいました。

木材の匂いに包まれ、製材ののこぎり屑や木の皮で遊び、丸太置き場や倉庫の中でかくれんぼや、ごっこ遊びをしていました。

今では、危ないからと止められるようなことですが。製材の半端仕事を手伝いながら、一角の加工場で、木組みの加工をする大工さんの片付けの手伝いをするなど、職人さんに面倒を見てもらいました。

そこでは、丸太から製材を経て角材になる工程や大工さんがカンナやノミを使いながら、角材から木組みをつくる技を惚れ惚れしながら見ていました。

そばで見ながら、次に使う道具を用意したり、片付けの手伝いをすることで褒められると嬉しいものでした。

実家の関係から、建築の学校に行き、設計事務所で働きながら、偶然にも、日本各地の木の家、街づくり計画、公営住宅の設計、積算、施工管理の仕事に携わりました。

日本各地の特色ある街並み、家づくりを見ていくうちに、子供のころの記憶が蘇り、関東圏で日本の地域の優良な木材を使った木の家をつくる仕組み作りのために、木の家づくりネットワーク、設計事務所を設立しました。

最初は、一生懸命設計して、見積を工務店に依頼して、工事監理していましたが、工務店にとっても初めてのことが多く、コスト管理や施工管理に苦労しました。

しかし、出来上がって、喜んでいるお施主さんの顔を見ると、その苦労がスーッと感動に変わり、名残惜しくなることを何度も経験しました。

その後 は、設計事務所が工事を行う専門工事業者を直接施工管理してコストコントロールと施工のマネージメントを効率的におこなう「CM型施工管理」を導入しました。

また、家全体を厚い板で包むようにつくる「新・あぜくらの家」の工法開発や構造計算を許容応力度計算の採用、省エネ性能を計算によって見える化する、故郷の木を使ったり、日本三大人工美林の木材産地とのネットワークなど、日々研鑽を重ねています。

木の家の暮らしを自分らしく、心地よいものにするために、ほんの少しですが、どんな木の家をつくるか、家づくりのプロセスを人生の思い出深いひとコマにするためにアクションを起してみては如何でしょうか。

小さな組織ですが、小さいからできる、小さいことが良いことと思える、そんなお付き合いが出来るように、心を込めて、お施主さんを大切にした木の家づくりを行います。

木の家づくりネットワーク
設立代表者 山中文彦