03-3501-2828

(受付時間:月曜〜土曜11:00〜18:00)

お問合せフォーム

「家もまた、家族です」

出来あいの物でも、他人任せの物でもない
自分だけの家づくりを楽しい思い出とともに行いませんか?
土地探しからアフターメンテナンスまでお任せ下さい

設計から施工まで安心の一貫対応

木の家建築実績 20年100棟以上

Top

健やかな暮らしの木の家

1)自然素材の適材適所

木組みを中心に、自然素材を適材適所に活用することで、家族が健やかに暮らせる木の家にします。

調湿性能やほのかな木の香り、一つとして同じものがない目に優しい木目、植物油などによる呼吸を止めない塗装、太陽光により自然に焼けることでの落ち着き、化学物質による健康被害のない安心など、自然素材を活用した木の家は、住む人の健やかな暮らしを支えます。

なるべく長い歴史の中で価値が証明された伝統的、自然素材を使うことで、時間が経つほどに風合いを生み出す木の家になります。

2)健康被害のないホウ酸による防腐、防蟻

土台や柱、床、壁下地などの地盤面に近い部分の防蟻、防腐対策に薬剤を使わずに、ホウ酸塗布で行うことで、健康的で、安心の暮らしが可能です。

現在使用されている合成ピレスロイド系、ネオニコチノイド系などの農薬成分の防腐防蟻剤についは、胎児への影響、ミツバチなど生態系への影響が懸念されています。

ホウ酸による木材の防腐、防蟻は、無害で、薬剤によるものに懸念される健康被害がありません。 また、効果が半永久的で、メンテナンス費用を抑えられます。

3)家形断熱と通気、遮熱で快適な室内

床、壁、屋根に断熱材充填して、家全体を断熱材できちんと包み込む家形断熱と、屋根の通気と遮熱を組み合わせることで、家の中での温度差が少なくなり、生き生きとした暮らしが出来ます。

天井裏に布団を敷くように断熱材を施工する天井断熱に比べて、屋根に断熱する屋根断熱は断熱不良が少ないことから、断熱性能がきちんと確保できます。

また、屋根断熱材の通気層で、温まった空気と共に輻射熱を排出するとともに、遮熱シートを断熱材と通気層の間に設け、輻射熱を防ぎます。

4)省エネ計算を見える化し、数値で納得

断熱材の種類や厚さなどを決める断熱設計を行うときに、断熱計算プログラムを用いて、数値でシミュレーションすることで、敷地や周辺環境、予算などを考慮した最適な断熱設計を行います。

省エネ性能、ランニングコストを見える化した数値で見ることで、快適な暮らしが設計段階で確認できます。

5)無垢の木だけでつくる「新・あぜくらの家」

シックハウスはもちろん、環境ホルモンや電磁波アレルギーのある方へ、不安のない暮らしを送ることが出来るように、無垢の木と自然由来の建材のみを使った、「新・あぜくらの木」という考え方でつくる木の家です。

断熱材は木材を繊維状に細かく砕き、マット状の断熱材にしたウッドファイバーを使い、断熱や調湿効果のある木の家をご提供するために、日本古来の「板倉造り」を発展させた考え方です。

一般の住宅に比べ多少は割高ですが、使用する板材を“部品化”することで、従来より大幅に建設費を抑えることが出来ます。 また、家づくりに使われる建材に工業的、化学的建材を使わないことで、シックハウス症候群の対策にもなります。

また、電磁波対策を講じることで、アレルギーに不安のあおる方にもお勧めです。

杉の断熱性を活かした快適な住まいづくりをご提案します。